記事一覧

このブログを書き始めた理由


人気ブログランキング

ご挨拶。


わたしは、メンタルヘルスの専門医ではないため、

専門家としてのとらえ方というよりかは、

むしろ、わたし自身が不安傷害という障害をもった時にどのように不安とつきあったか、

当時(2008年の3月)の手記を元に、

患者としての視点で、現在、社会不安傷害(SAD)の症状になやまされている人の

一助となればと思い、このブログをはじめることにしました。

前述した通り、わたしは医者ではありません。

ただ、あるときに、

いかに、人の感情がわたしたちの言動に影響をもたらすかに気づき、

この障害がいかに苦しくとも

改善の可能性があると信じた時がありました。

発症の年齢は40歳代の前半でした。

わたしは結婚しており、子供も当時は上の子は6歳で、

下の子はまだ生まれたばかり。

正直、症状が顕著に現れると、路頭に迷う気持ちがつづきます。

あなたが、もしこの症状を患っているのであれば、

かかりつけのお医者さま以外の、

同じ症状で、あるいは同じような症状で苦しんだ人間がいると

思って、お付き合いいただければ嬉しいです。

商品紹介も可能なため、

ブログではわたし自身がお薦めする商品広告も掲載していきます。

是非参考にしてみてください。

今回のまとめ


普通にサラリーマンとして働いていて、

だれでも起こりうる不安。

一体自分に何が起きたのか?

寝不足が原因なのか?

失恋が原因?

わたしの場合は40代前半でその症状を何度となく経験しました。

その予防や対策をこのブログではできるだけ気楽に楽しく検証していきたいと考えています。

商品紹介




コメント

コメントの投稿

非公開コメント

真面目に妊活をおこなう

膣トレ

プロフィール

takenaps

Author:takenaps
わたしはメンタルヘルスの専門医ではないため、
不安そのものが障害として神経科のお医者さんで診断されたときに
どのようにそれを病気としてとらえていったか。
まずはそれがはじまりでした。

ようこそいらっしゃいました。

アクセスカウンター

不安解消は良質な睡眠から

天然素材からつくられた睡眠サプリ
NEMLINA

月別アーカイブ

人気ブログランキング

人気ブログランキングに参加中です。

ぶろぐ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

最新コメント